​理念・方針

  • よく遊び(体験・学習)、よく食べ、よく眠る

  • 自分の可能性を信じ、みんなを愛しむ(自分が大好き・みんなも大好き)

​保育理念

 乳幼児期は人が一生を生きていく上での心・体の基盤を作るとても重要な時期です。良い事も悪い事も理屈抜きで、遊びや生活、人との関わりの中から吸収します。
 かなさ保育園では人として生きていく上での基盤を作るものとして

<遊び(乳幼児にとっては遊びが学びです)>、<食事>、<睡眠>を大切にし、保護者の皆様と一緒になってお子様を育てていきたいと思っています。
 また自己肯定感を高める保育、教育を実践し、子ども達が様々な岐路に立ち、自分で道を選ぶ時、悩んだ時、どんな道を選択しても自分に自信(志)を持ち歩いて行け、人生を楽しめる、そんな人になって欲しいと願っています。

 
保育方針
  1. 子ども達の命(心の安心、身体の安全)を守り、健やかな心、丈夫な体を育てる。
     

  2. 日々の遊びや生活、体験、教育、人と人との触れ合いを通して生涯にわたる人格形成の基礎を培う。
     

  3. 保育、教育の専門家として子ども達の状況や発達過程を踏まえた上で、一人ひとりの成長に応じた保育、教育(褒め方、叱り方などを含め)を行う。
     

  4. どの子ども達も十分に自分の力を発揮することができるよう、喜んで取り組める環境を整え、子ども達の伸びようとする力を引き出す。
     

  5. ご家庭との緊密な連携を取り、保護者の方と一体となって子ども達の成長を喜び、見守る。
     

  6. 地域の開かれた子育て支援施設として地域の方々との交流を深め、地域における子育て支援の拠点となる。